沿革

沿革

平成14年 10月 「都立高校推進計画・新たな実施計画」により、東京都立赤坂高等学校(全日制課程)と東京都立市ヶ谷商業高等学校(全日制課程)とを発展的に統合し、進学型専門高校(進学型商業高校)を設置することが策定される。
平成17年 7月 大田地区進学型専門高校(大田地区商業高校)基本計画検討委員会及び同専門委員会設置
平成19年 4月 大田地区進学型専門高校開設準備室設置(赤坂高等学校内)
長船孝明 開設準備担当校長就任
平成20年 10月 東京都立学校設置条例の一部を改正する条例が公布され、東京都立大田桜台高等学校(ビジネスコミュニケーション科)が設置される。
長船孝明 初代校長に就任
  11月 校章制定
平成21年 1月 校歌制定
  3月 東京都立赤坂高等学校及び東京都立市ヶ谷商業高等学校閉校
  4月 東京都立大田桜台高等学校全日制課程開校
第1回入学式を赤坂区民センター・区民ホールに於いて挙行
  5月 第1回体育祭を東京体育館で開催
  7月 アメリカン・キャンプを河口湖で実施
  10月 開校記念式典を東京FMホールに於いて挙行
平成22年 4月 第2回入学式を赤坂区民センター・区民ホールに於いて挙行
平成23年 4月 馬込新校舎に移転
第3回入学式を挙行(6学級となる)
  10月 新校舎落成記念式典を挙行
平成24年 3月 第1回卒業証書授与式を挙行(卒業生113名)
  4月 第2代校長 酒寄 誠 就任